11/11大深山遺跡から男山へ

11/11の自然ガイドと登る山は大深山遺跡から男山・天狗山を巡ります。今日は、その下見をしてきました。スタートは大深山遺跡です。縄文時代の住居址などの遺跡があります。ここから、赤顔(あかづら)山を目指します。赤顔山は川上村のナナーズから見ると、岩が「へ」の字のように見えている山です。登山道はありません。露岩を乗っ越していきます。赤顔山から男山を目指します。リスやルリビタキが挨拶に来てくれました。男山からは、八ヶ岳が間近、北アルプスの鹿島槍、妙高も見渡せました。眼下には広い野辺山高原が広がっていました。山岳展望で1時間はあっという間に過ぎ去りました。昼食後、天狗山への尾根を進みます。進むにつれ、天狗山の岩峰の圧倒的な姿が高くなりますが、「あれつ、岩壁はどこ?」と思う頃は山頂です。ここからは南相木ダムが間近です。富士山と、みずがき山が仲良く並んでいます。ここから、大深山遺跡へ急降下。カワカミバレーのゴルフ場の緑の芝と山の紅葉のコントラストが綺麗でした。本番は11/11(火)です。定員は10名です。赤顔山から男山への尾根はガイドなしでは、なかなか歩くことができないと思います。この機会にどうぞ。お申し込みは事務局まで。(竹内)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。