クラブ紹介

「清里ネイチャーガイドクラブ」とは…

 

八ヶ岳登山の玄関口の一つである清里高原は標高1100mから1300mの間に位置し、その冷涼な気候と豊かな自然環境により、古くから多くのハイカーや登山者に親しまれて参りました。
八ヶ岳を背景に展望される周辺の山岳景観は数多くの山岳図書に名を残す魅力にあふれた山や渓谷、峠などからなり、刻々と変化するその美しい姿で私たちの心を満たします。またそこに生きづく様々な動植物は季節毎に多くのよろこびや楽しさを私たちに提供してくれます。
「清里ネイチャーガイドクラブ」はこの素晴らしいフィールドをより多くの皆様に紹介し、かけがえのない自然を共に楽しみ、守り育んでいくために、私たちのささやかな知識を共有することができたらとの考えにより2003年(平成15年)に発足いたしました。長年この地に住み、山を熟知し、それぞれの分野の特性を生かしたガイドが皆様の自然観察やトレッキング、登山を安全に、またより深い味わいと充実感に満たされるようご案内させていただきます。時には寄り道と散策で目的地まで辿り着かないことがあるかも知れませんが、自然と同化し、山が語りかける声にも耳を傾ける、そんな歩き方を私たちはお勧めします。

現在は公募ツアーである「自然ガイドと登る山」を活動の中心に据え、学校登山の引率や各種野外活動に於ける自然ガイド、また個人のハイキング・トレッキングガイドもお受けしております。

またガイドの基本である安全管理を重視し、年3〜4回の技術研修会を開催し、自然解説技術とともに安全管理技術、ファーストエイド、セルフレスキューなどの技術向上を心がけています。