青と金に彩られた一日

10月最後の「自然ガイドと登る山」は南八ヶ岳の隠れた名峰「立場岳」でした。昨年も計画しましたが悪天候のため断念。なかなか遠い山頂でしたが、今年は幸い素晴らしい晴天に恵まれ、この時期としては日差しも暖かく、申し分の無い条件で登頂することができました。
樹林に覆われた山頂から少し尾根を辿ると青ナギの展望地に達します。ここからの山岳景観は絶景の一言。雲一つない天候も手伝って阿弥陀岳の奥壁や権現岳の山襞が手に取るように眺められました。
山麓の唐松の紅葉が落ちかかる夕日に輝き、西日に照らされた山肌と参加者の満ち足りた顔が紅に染まっていたのも印象的な秋の一日となりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。