春雪の要害山と深草観音

本年度、最後の自然ガイドと登る山シリーズは「要害山と深草観音」です。快晴の甲府でしたが、午前中は濡れっぱなしでした。昨日降った雪が朝日を浴び、木々から雨あられのように落下していたからです。雨氷も落ちてきました寒くはなく、雪景色と春山を楽しめました。しかし、深草観音から上は雪が多く、溶ける雪にも足をとられ、岩堂峠で引き返すこととしました。無理してはいけません。信玄公が産湯につかったという積翠寺の井戸を見学するなどして戻りました。28年度の「自然ガイドと登る山」の予定表ができました。下のページをご覧の上、事務局までお申し込みください。(竹内)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。