危急時対応技術研修

今日は危急時対応技術研修を実施。
事故を起こさないように最大限配慮をするのがガイドの一番大切な仕事です。
しかし、それでも100%安全とは言えないのが登山です。
そんな「もしも」の場合にガイドがどう対応するのかという技術が危急時対応技術です。
今日は、滑落者をロープを使って引き上げるシステム構築のトレーニングや引き上げの実際、そして緊急避難の際にツェルトを素早く設営する技術などのトレーニングを実施しました。
これから登山のシーズンです。
私たちガイドもこういったトレーニングをしながらみなさまを安全にガイディングできるように準備して、企画山行へのご参加・ガイド依頼をお待ちしています。
中島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 小楢山&乙女高原 山行レポート

  2. 日本二百名山 御座山登山

  3. 5月21日御座山登山 募集人数を増員しました。

TOP