甲武信岳

梅雨入りとなりましたが、ほとんど雨に降られる事なく奥秩父の森の深さを楽しんできました。
登頂だけなら十分日帰りも可能ですが、分水嶺となる稜線の縦走の最後、大山から背後のたどってきた峰々を眺め、思い出深きフィナーレです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 自然ガイドと登る山・分杭峠と入野谷山

  2. 映像制作のための金峰山ガイド

  3. 苔と岩を愉しむ白駒池周遊ツアー

TOP