冬と春の狭間で

三月も下旬。
野鳥たちの活動も活発になってきた気がします。
このところの春の陽気に誘われて、望遠レンズを担いでフィールドワークに行ってきました。
鳥の収穫はわずかでしたが、冬と春の狭間の季節を楽しむことができました。

野鳥の写真はほとんどが自宅周辺のものばかりです。

記:橋詰

ナツツバキ。数ある樹皮の中でも殊更美しい。

ノリウツギのドライフラワー。夏の化石。

偶然出会ったノスリ。300mm+リアコン×1.4でもここまでしか寄れない。フルサイズ換算で640mm相当。

日陰にはまだ残雪が固い。

山はまだ冬の様相。

午後も遅くなってようやく出会ったマヒワ。光量が足りないので色あせた写りが残念。

翌日の朝、前日に出会っていい画が撮れなかったネコヤナギを再訪。

こちらはバッコヤナギ。圧倒的にこの木の方が多い。

ホオジロ。

自宅周りではジョウビタキが常連。物怖じしないのでかなり寄れます。

カラ類のために置いたひまわりの種が気になるようです。

羽ばたきの一瞬を捉えました。シャッタースピードが遅すぎるのが難点。

コガラ。こちらも物怖じせずヒマワリを独占。

ゴジュウカラは動きが早く追いにくい。

ヤマガラは表情が可愛い。

偶然二羽重なった構図に。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP