茂来山登山記

先日20日に佐久穂町にある「茂来山」に登ってきました。
この山に来るのは十数年振り。

硫黄岳噴火の際に飛んできた岩石で出来たという伝説から「貰い山」、転じて「茂来山」となったという本当か嘘かわからない山名由来がありますが、最近では「お嫁さんを貰い山」という語呂合わせで、地元の佐久穂町では縁結びの山として売り出し中のようです。
(今回御利益は無し…。代わりにひざ痛を貰いました)

大雨の降った翌日ということで、終日登山者には会わず、登山口からしばらく辿る林道や下部のヒノキ林は「熊出没注意!」の看板も手伝って、何やら薄気味悪い感じでしたが、「こぶ太郎」で有名なトチの木の巨木やカツラ、サワグルミ、ブナなどの広葉樹林が豊かなのと、登山道沿いに咲く野草の種類も豊富で、ゆっくり写真を撮りながらの歩行は沢沿いの急な登山道の苦しさも忘れるほどでした。

稜線に出れば山頂はまもなく。
午後から降雨の予報で、高曇りの空は暗い灰色に垂れ込めていましたが、山頂からの展望は素晴らしく、前回の記憶は皆無に等しいものの、期待していなかった分感動もひとしおでした。

今回眺めた山の中で、上信越方面に食指をそそるものがいくつか。
できれば雪のあるうちに登ってみたいと思わせる素晴らしい山岳展望でした。

記:橋詰

ミヤマザクラ


林床にはこの花が多く見られました。ヤマブキソウ。


オシダの群生。


こぶ太郎。推定樹齢250年。


長野県では他に3本しか指定されていないそうです。山梨には無いのか。

こちらは「大王トチ」。こぶ太郎より老木ともいわれています。

トチの芽鱗、芽吹いたために落ちたのでしょうね。粘液を分泌します。

ヤマエンゴサク。

ニリンソウもたくさん見かけました。

稜線に出たらムシカリが咲いていました。

トウゴクミツバツツジ。

後立山連峰。さすがに残雪が多いですね。

浅間山は目の前に鎮座しています。

手前から荒船山、榛名山、上州武尊、燧ヶ岳。その左は谷川連峰です。

もちろん穂高連峰も。

北岳と間ノ岳。

八ヶ岳もこの角度から見ると新鮮です。

山頂には新旧のお社が鎮座まします。かつては雨乞い信仰の山だったとか。

今回の一番の収穫、チチブシロカネソウ。まさに造化の妙。


コミヤマカタバミも咲き始めていました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP