コマクサが見頃を迎えています

昨日は梅雨の晴れ間に少しでも稼いでおこうと池の平湿原巡り。
結局今日も晴れ間が出て、梅雨はどこへ行った?的な天候ですが…。

池の平湿原は2009年に初めて訪れて以来今回で4回目。3年ほど前に訪れた時は5月で時期が早過ぎ、今回は期待して行ったのですが、湿原の花はごく僅かでした。盛期は7月のようですね。それにしても湿原の乾燥化は予想以上に進んでいるように感じます。
なので今回は尾根筋の花を中心に撮影。
偶然三方ヶ峰の咲き始めの状態のいいコマクサに遭遇できできたのが何よりの収穫でした。
池の平湿原のコマクサを見るならこれから一週間がチャンスです!

記:橋詰


何も無い湿原で異彩を放っていたのがヒメシャクナゲ。八島湿原では真近で撮れなかったので、ここで溜飲を下げました。


ハクサンチドリも今が旬。


咲き始めのコマクサ。蕾もまだ多く付いています。


浅間山周辺に多い赤が強い個体。宝石のようですね。


タケカレハの幼虫。八島湿原周辺でも大発生していました。子供の頃は「キンムシ」と呼んでいました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP