ヤナギランとアサギマダラ

いよいよ台風シーズン到来です。
今日も午前中はそれなりに荒れる予報でしたが、意外に早く回復したのでホッと一安心といったところ。
ただ週半ばからははっきりとしない天気が続きそうです。
猛暑も困りますが、せっかくの夏休み、せめて天候だけでもスッキリと晴れ渡って欲しいものです。

1週間ほど前のことですが、どうしてもヤナギランを撮りたくて八島湿原に行ってきました。
但し諸事情で滞在は1時間ほど。
撮影そのものは30分程度しかできませんでした。

それでもお目当のヤナギランは咲き始めの株が多く、夏らしい強い日差しを浴びて、ひときわ美しく見えました。
ヒヨドリバナも最盛期でそれを目当ての蝶たちも乱舞。
中でもアサギマダラは我を忘れて吸蜜中の姿をしっかりと撮影させてくれました。

八島湿原もニッコウキスゲは終わり、盛夏の第二ステージが開幕中です。
ぜひ一度訪ねてみてください!
(土日、休日は駐車場が激混みなので平日がお勧めです)

記:橋詰

数年ぶりのヤナギラン。鳳凰小屋や千枚小屋、蓼科山荘など、山小屋のそばに咲いていたのを懐かしく思い出します。

ヒヨドリバナで吸蜜するアサギマダラ。あちこちで見かけました。

ツリガネニンジンも最盛期です。

ノアザミ。花色が鮮やか。

シシウドの打ち上げ花火。大玉です。

シュロソウ。蕾が丸くて可愛いですね。

キンバイソウ。夏の高山のシナノキンバイを思い出します。ナミハナアブ(?)が止まっていました。

コオニユリ。蕾多数。

新鮮なフシグロセンノウ。

少しくたびれたシモツケソウ。身につまされます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP