喧騒の池 静寂の森

しばらく好天が続きました。
週半ばには紅葉最盛期の白駒池へ。

平日にも関わらずかなりの人出でした。
老若男女ことごとく、これ見よがしに高機能一眼レフ、最新ミラーレスを手に絶好のポイントを占有し居座っている中を、ちょっと空いた隙間に割り込んでなんとか数枚撮影できるという状況。

早々に逃げ出し、高見石へ。
それでもここにも逃げ場はありませんでした。

渋の湯に向かう途中の賽の河原。
ここでようやく平穏のひととき。
彼方に聳える中央アルプスと御嶽山がのどかに優しく霞んでおりました。

記:橋詰

 


お約束の青苔荘ボート乗り場からの一枚。サラサドウダンツツジの赤は少し色褪せ始めていました。


水面に映った紅葉とホソバウキミクリ。この水草は帰ってから検索して初めて名前を知りました。長野県では絶滅危惧種Ⅰ類だそうです。


こちらは白駒荘前からのアングル。少しアンダーですが、水色と湖畔の赤のコントラストが鮮やかです。


高見石から見るとこんな風景。右手には茂来山。中央奥には荒船山が望めます。


賽の河原に至る素晴らしい樹林中の登山道。思わず何度も立ち止まって撮影しました。


賽の河原から。ナナカマドはかなり色づいていますね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP