11月19日:秋のガイド研修は、空から八ヶ岳を眺めてみました。

さてこの日は、秋のガイド研修。
この研修は、年に数回開催していて、毎回、各ガイドが企画して実施しているもの。
今回は私が研修担当ということで、何にしようか思案してたところ、ドローン会社の社長をしている悪友から別件で連絡があり、いろいろ話している中で、こりゃ研修にいいなと思いお願いしたら二つ返事で快諾。

ということで、大阪からはるばる来ていただいたのは株式会社アセンションの青木氏。
元はと言えば、2001年に乗鞍のペンションでの居候時代に知り合ったバイト仲間でもあり、2003年のスペインサンティアゴ巡礼をした際は、当時スペイン南部に住んでいた彼を訪ねたりと、なかなかの腐れ縁。
今では、一社長としてドローン業界ではなかなかの老舗。

さて、話しを戻して当日。

会場は、クラブメンバーでもいらっしゃる清里のペンション「草原の宿 まんてん星」さん。

様々な用途に応じたドローンを展示。

午前中は座学。ドローン業界の情勢や法令、また山岳域における活用などなど。
業界では、調査としての活用が殆どを占めていて、映像用途は微々たるものというのが衝撃だったなぁ。

展示しているドローンを手に取りながら、それぞれの特徴を知る。

座学はここで終了。

今日は天気が良かったので、まんてん星さんお手製のお弁当を、ひろーい庭でいただきます。

あ、ドローン模型のガチャをいただきました😁

さて、午後からは実演&実習。

複数人で見られるよう、大型モニターを設置してもらいます。
ドローンだけでなく、こういった各種機材を目に当たりにすると、単なるお遊び講習じゃなくちゃんとした研修だなって意気込みが出ますな。

VRゴーグルを使ったドローン。みんな体が揺れます。 

にしても、こんな広大な庭があるからこそできる実習は、八ヶ岳ならではですな。

自分で持って入るものの、しっかり動かすのは久々なので真面目顔。

ちょっと実験台になって走ります。

追尾中。

どこだー!?

ポツンと一軒家風。    

何事も、違う視点からものを見るっていうのは新鮮。皆さんの眼差しも真剣。 

ということで、あっという間の有意義な1日なのでした。

★この記事は私が書きました★

プロフィール/藤井憲一郎

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP